「太陽の道」

10年前の今日、3月13日に仁王門の真ん中に夕日が沈む事に気がついた。


般若姫は、3月13日に臼杵を出港されたと言われている事から、死に別れた娘「玉絵姫」さまのご神像を、大分県は蓮城寺さまに12日にお連れし、御霊分けをして頂き、宇佐神宮にも参り、周防灘フェリーで徳山港に帰りついたのが10年前の今日じゃ‼





お寺に帰山し、ご神像を観音堂、般若姫のもとにと、ボロボロの仁王門の前を通った時に、夕日のあまりにも綺麗な事に立ち止まった‼


「あれ…門の真ん中に沈んでいる…」


無事に、ご神像を安置し、長い間離ればなれだった親子の対面をして頂いた…。


それから毎日仁王門に夕日の確認に行った…。


そして、彼岸の中日、仁王門の真ん中に夕日が沈んだ‼


玉絵姫さまが教えてくれた‼





その時にはまだ、その事が何を意味するかは分からなかったけど…その秋から「日想観」が始まった‼


ここ室津半島には、「太陽の道」がある‼


間違いない‼


合掌


#日想観 #太陽の道

閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日想観

「土用」も真ん中… 『 さあ願いを いえ… どんな願いも ひとつだけかなえてやろう…』 とは、「神龍」のことば…。 人類全体で、一つの願いだとしたら…皆さま何だと思いますか… 感謝合掌 #土用 #煩悩即菩提 #重重諦網 #蜘蛛之糸 #神龍 #琉球は龍宮 #神龍の身にもなってみろ