「高野山」

丁度1年前にもお参りしていた「高野山」!


今回もお参りした「立里荒神(たてりこうじん)」さま!





1200年前「お大師さま」により「高野山」が開山される際に「障り」を成した荒ぶる神「荒神」を鎮め祀った地…


今回再びお参りして初めて気がついた…


ご祭神の一柱が 「誉田別命(ほんだわけのみこと)」… 





「応神天皇」…「八幡神」じゃ…((( ;゚Д゚)))


おられたのは知っちょった…m(_ _)m


お大師さまの「産土神(うぶすながみ)」は讃岐の「熊手八幡神」と言われちょる! 


そして、明治まで高野山でお祀りされていた「八幡神」は「佐伯八幡」とも呼ばれ、讃岐から龍になって高野山に移動した等の伝承もあるとか…


そして、その八幡さまを祀る「行人(ぎょうにん)」は高野山内で長年、絶大な力を誇り「八幡神」が関係のお寺を巡り祀られて行ったとか…


これを「巡寺八幡」と呼んだ…


そしてその御神体は「熊手」だったとか…


がしかし❗明治維新の際「巡寺八幡」は廃止され、その「熊手」は麓の神社に降ろされたとか…





がしかし、今回気がついた!


「高野山」の奥に居られた「立里」に祀られた「八幡」さま…


荒ぶる神が「八幡神」だったのか、それとも「高野山」を囲む「八葉之峰」そのものが「八幡神」の「体」なのか…未だ判然としないが、荒ぶる神を鎮め祀る「立里荒神」には「八幡神」がお祀りされていた…


何か大切な事に気がつかされた…


「八幡神」を「産土」に持つ、お大師さまはご存知だったのではないか…


いや、だからこそあの「お山」に「真言密教」の「道場」をお開きに成られたのではないか…


いや!だからこそ「弥勒如来(菩薩)」が、かの「大塔」に祀られているのではないか…




時代と共に「八幡神」は「八幡大菩薩」として祀られて行くが、「高野山」に於いてとても大切な「御柱」だったのではないか!


いや!それは今も変わっていないのではないか…


いつも、あくまで「山寺で観えたもの」じゃ…


がしかし、「山寺」からずっと追ってきた日本一多く祀られる「八幡神」の結び目が「高野山」に在ったという事なのではないか…


あかん…またしても思い込みが止まらないm(_ _)m


照準を変えながら「南無八幡大菩薩」と拝もう…m(_ _)m


感謝合掌


#高野山 #八幡大菩薩 #弥勒如来 #本地阿弥陀如来

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日はお釈迦様のお誕生日「花まつり」じゃった…そんな昨日は健康診断に「病院」に行った… その時、看護師さんや皆さまがとても丁寧で親切じゃったのに驚いた… ただでさえ「コロナ対策」で逼迫しておられるだろうに… 健康診断の私にとてもお優しかった… トイレまで案内して下さったり、説明が丁寧だったり、胃カメラ中の私の背中を撫で続け、手を当てて下さっていた… そんな中、大きくある事に気がついた…😃💡 そ

「慧慈大和尚落慶法要」の動画が令和4年4月4日に完成致しました。 是非当日の「徳」を感じて頂けたらと思いますm(_ _)m 感謝合掌 https://youtu.be/n6G5AsJ8vfk #mhphotoworks