熊毛王国極楽巡り


7月7日に開創されます!御朱印もあります!


今から約1600年前…「日本」という国が出来る以前の話…


 山口県南東部に、仮に「熊毛王国」と呼ばれる古王国が在ったと言われています…


 そこに君臨する「熊毛王」は、瀬戸内海の西の入口「龍宮西門(大畠瀬戸)」から繋がる「唐戸水道(現在は閉塞)」を流れていた「龍」と恐れられた「引潮」と「満潮」の「潮流」を力に変え「水先き案内」をする事により、大きな「富」を得ていたと伝えられています…





 しかし、そんな「熊毛王」も、とうとう「大和政権」に屈服せざる得ない時がやって来ました…


 その「熊毛王」のお墓と言われる柳井市「茶臼山古墳(全長約90m)」からは、国産の鏡としては日本一大きい「銅鏡(44.8㎝)」が出土しています。


 その当時何があったのか…


 『古事記』 『日本書紀』には、何一つ記載されていない「熊毛王国」と「熊毛王」の事…  


一説には「熊襲」や「隼人」の事だったとか…


 今回「熊毛王国」と呼ばれる、この地域の「真言宗寺院」にお祀りされる「王」と名の付く「仏さま」と、「熊毛王」の頃から変わらないであろう「風景」「山」や「海」や「水」そして「龍宮」の「潮流」にお出会い頂き、日々移り変わる、我々の「心」や「価値観」そして「苦しみ」を洗い流し、自らを見つめ直す機会にして頂けたらとの願いを込めて、この「熊毛王国極楽巡り」マップを作製しました。


 どこからでも、どこかだけでも結構でございます。


 かつて滅ぼされた「苦しみ」と「悲しみ」の「熊毛王国」だったかもしれませんが、今は「極楽」の「仏さま」にお会い頂ける場所に生まれ変わったと思っております。


 世の全ての「苦しみ」が「安らか」であるように、各寺院を祈り巡って頂き、皆さまの周りにこそ「極楽」が増える事をお祈り申し上げております。  合掌


#熊毛王国極楽巡り

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「土用」も真ん中… 『 さあ願いを いえ… どんな願いも ひとつだけかなえてやろう…』 とは、「神龍」のことば…。 人類全体で、一つの願いだとしたら…皆さま何だと思いますか… 感謝合掌 #土用 #煩悩即菩提 #重重諦網 #蜘蛛之糸 #神龍 #琉球は龍宮 #神龍の身にもなってみろ

「一円にもならない大切な事…」 毎月1日と15日は山中に点在する「神さま」と「諸仏」の「お供え物」を替えている… 大昔は120坊あったと伝えられる「山寺」も江戸時代には12坊だったとか… がしかし、今はそれも全容はわからない… もう20年以上前に、今わかる所だけでも!と尊敬して止まない兄貴が教えてくれた「一円にもならない大切な事…」じゃ… 家内と二人で手分けして、欠かした事は無い… がしかし、一円